伊藤 太郎 Taro Ito  

2012年スタジオクーカに所属すると自分の作品を商品化したいと職員に迫り、紆余曲折を経て現在の「辻太郎招福クマデ」が誕生。販売促進のための口上と一本締めが話題になり、瞬く間にstudioCOOCA人気商品へと駆け上がった。シャチ、イルカなど、海洋生物を愛する彼は毎週末様々な水族館へ出かけ、ネットを駆使し情報を集め、身近な人に話し聞かせ、描く。並外れた描写スピードは見るものをを圧巻する。作品制作のスタイルはペン・アクリル絵具・板・紙・ダンボール・コラージュなど多様な材料を組み合わせて制作している。

(biography 抜粋)

2014 伊藤忠青山アートスクエア スタジオクーカ展 出展

2015 ARTFAIR東京 

2016 studio COOCAのパッパラパラダイス!ATSUKOBAROUH 

2017 伊藤太郎個展 「世界の海の海洋生物展」 GALLERY COOCA 

1/1

伊藤 太郎 (ペンネーム 辻太郎)

TARO ITO

​▼作品紹介 / 作家近影(クリックでギャラリーが起動します)
 

スタジオクーカは様々なハンディキャップを持った人が、その人の好きなこと・得意なことで活躍する、仕事を得ることを目的に活動する福祉施設です。

絵画・創作・オリジナルグッズ製造・展示販売やパフォーマンス活動を行っています。

Studio COOCA is a social welfare organization that offers support and services to people with disabilities.

We aim to support them by promoting creative art-making activities where they can use their talents.We help them with what they are good at so they may then earn a living from their works.

OUTSIDER,BRUT,INTUITIVE,VISIONARY,アート,障害者アート,JAPANESE OUTSIDERART,Art Brut,

© 2014 studio COOCA