【世界平和にとって必要なのは、studioCOOCAである③動画概要】

◆社会全体が障害のある人、生産活動に関われない人は隅っこに行っていてくれ、という風潮がまだあって、そういう障害のある人をケアする福祉従事者の位置づけもまだまだ低いということですよね?これを変えていくにはどうしたら良いのでしょうね?

生産性がないから生きている価値が無いという極端な考え。でももっと、180万年前にもどると、そういう人たちの存在こそが我々人類にとって必要なんだ、ということに気づいた仲間がいて、そういう人たちが介護をはじめたことで、今の人類の発展があると思うし、人類の社会の基盤があるとすると

(今)もう一度、介護される人たちが、基盤を作っているということろに意識的に立ち戻っていかないとダメだと思う。あっちいってて、じゃなくて中心に据えていくという。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

クーカあたりでそれを提唱していきたいのは企業の一労働者として障害者が組み込まれるのではなく、労働しなくてもいい、企業の本部、中枢にクーカみたいのがあって、クーカが面白可笑しく活動している状況を、企業がどう支援していくかというところで、その企業の仕事を組み立てていく、、、

Featured Posts
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
Recent Posts
Archive
Search By Tags
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

スタジオクーカは様々なハンディキャップを持った人が、その人の好きなこと・得意なことで活躍する、仕事を得ることを目的に活動する福祉施設です。

絵画・創作・オリジナルグッズ製造・展示販売やパフォーマンス活動を行っています。

Studio COOCA is a social welfare organization that offers support and services to people with disabilities.

We aim to support them by promoting creative art-making activities where they can use their talents.We help them with what they are good at so they may then earn a living from their works.

OUTSIDER,BRUT,INTUITIVE,VISIONARY,アート,障害者アート,JAPANESE OUTSIDERART,Art Brut,

© 2014 studio COOCA