あかしけい子・寛和 親子展2019.5.8(水)-5.31(金)


あかしけい子・寛和 親子展

GALLERY COOCAにて開催

■2019.5.8(水)-5.31(金)

■10:30~15:30

■会期中の平日+18(土)オープン

赤司 寛和(ひろかず) 息子

スタジオクーカのベテラン作家。 代表作には寿司、電車、ベートーヴェンなどがある。最近は女の子の似顔絵を中心に描いている。 様々なモチーフをどこか懐かしいタッチで描く通称ピロ。 背景をドットで装飾するのは画家だったおばあちゃんの弟さんと一緒なのだとか。 幼稚園のころから乗っているという大のバス好きで、バスの系統や運転手にまで詳しい。

あかしけい子(赤司敬子) 母 デザイン専門学校卒業後、友禅染、テキスタイルデザイナーを経て、フリーイラストレーターとなる。 各所でグループ展、個展を開催、アートコンテストや、各公募展入選多数。 ‘95年 自閉症の青年の詩に感動し、23編の詩に絵を描く。 ‘96年 各所で原画展を開催、板橋ボローニャブックフェア―に出展の機会を得る。 大日本図書より詩画集「きらわれカラス」を出版、新聞5社に記事が掲載される。 言葉の力を感じ、自分でも詩を書き始める。 絵本では「うたってるうたってる」フレーベル館「このゆびとまれ」すずき出版等がある。 社団法人日本児童文芸家協会会員、伊勢原手づくり絵本の会会員。

Featured Posts
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
Recent Posts