2018.6.30(土)CANTO!LIVEのお知らせ

CANTO! LIVE inギャラリークーカ 昨年の平塚まちなか美術館の落成式で、ENOWAとライブペイントを行ったCANTO!。 異国情緒あふれるメロディを醸し出す3人が、ギャラリークーカにやってきます! 【日時】 2018.6.30(土) オープン18:00 スタート18:30予定 ※この日は昼の営業はありません 【チケット】¥2,000+1ドリンク 【ご予約・お問合せ】 GALLERYCOOCA&CAFE  TEL 0463-67-7520  mail gallery_cooca@amail.plala.or.jp (準備の為、なるべくご予約をお願いします。当日参加も可能です!) CANTO!(カント) 中西文彦(gut guitar)・大澤GYUGYU逸人(kontrabass)・荒井康太(drums)の三人によるインストゥルメンタルバンド。 ブラジル、タンゴ、フラメンコ、アフロ、ロック、ジャズ、ミニマリスム、モンゴル、青ヶ島の伝統音楽など様々な要素が取り入れられ、掛け合わされた楽曲を即興的アプローチで表現する。 あらゆる音楽に流れる、生命的・情動的な要素〈歌/canto〉を無言語で、楽器による具現を試みる。 https://www.facebook.com/cantopunkanova/

《CANTO!の世界展》2018.6.19(火)-6.29(金)

「CANTO!の世界展」 GALLERY COOCAにて開催 ■2018.6.19(火)-6.29(金)10:30~15:30 ■会期中の平日のみオープン。30(土)夜はライブ開催!⇒CANTO!LIVE開催のお知らせ 「平塚地下道ミュージアム」でもおなじみ、CANTO!の音楽の世界に合わせてクーカメンバーの作品をセレクト。CANTO!らしい異国情緒ただよう空間作りを目指します。 CANTO!(カント)https://www.facebook.com/cantopunkanova/ 中西文彦(gut guitar)・大澤GYUGYU逸人(kontrabass)・荒井康太(drums)の三人によるインストゥルメンタルバンド。 ブラジル、タンゴ、フラメンコ、アフロ、ロック、ジャズ、ミニマリスム、モンゴル、青ヶ島の伝統音楽など様々な要素が取り入れられ、掛け合わされた楽曲を即興的アプローチで表現する。あらゆる音楽に流れる、生命的・情動的な要素〈歌/canto〉を、無言語で楽器による具現を試みる。

ギャラリークーカ6月のオープン日

ギャラリークーカ6月のオープン日のお知らせです。 ■カフェオープン日 平日と16日(土) ■営業時間 10:30~15:30 ※4日(月)・18日(月)は入れ替えの為お休みです。 ※30日(土)は夜だけOPEN!詳しくはこちらをご覧ください。 ⇒CANTO!LIVEのお知らせ 6月もたくさんの方のご来店お待ちしております^^ ◆ご注意◆ スタジオクーカとは場所が異なります! 詳細は[GALLERY COOCA]のページをご覧ください。

トモヤテンチョについてインタビュー

2018年4月 トモヤテンチョこと、高原智哉君について、母 高原和江さんへのインタビューを掲載します。 ―――――――――――――――――――――― *(聞き手) ◆子供のころのともや君について教えてください。 元気にすぐに生まれてきました。でも、はじめからすぐ何かが違うと思ったんです。 分娩室に行く前に生まれてきてしまって。授乳に行くたびに寝ていて、ミルクはよく飲みました。 生まれた時は心臓に8ミリの穴がある、卵円孔開存*でしたが、2歳までにふさがりました。 生まれて産科から小児科に移った時、"地域と医療と療育とが組んでで育てるお子さんです“と言われました。ダウン症と言われた時、学校はどうしていくんだろうと。 どうにか小学校に入れ、普通の子に育てなければと思いました。 歩き始めたのは1歳半くらいで、ぎりぎりで平均でした。 近所の子供たちはもう歩いていたのですが、ともやはハイハイで一緒に遊んでいました。物につかまって歩いていたので上半身の筋肉がついていました。筋肉は健常の子供といっしょと言われて。のみこみなどがうまくいかなくてかまずに飲んでしまうことがあり気をつけていました。 (そういえば腕の筋肉が着いていますよね!!) 1歳半くらいになるとポーテージ協会**の先生に指導を受けました。 認知、社会性、言語、身辺自立などをバランスよく成長させる指導法です。発達は早かったです。歌が好きなのでポンキッキの歌とかを、歌ってあげていました。広島までポーテージの学会に呼ばれて行ったりしました。いろいろなところに行った方が良いのではないかと思って、いろいろなところに行きました。学生、高校のこ

山本 頼子 個展 《きっと好きになるでしょう》2018.6.5(火)-6.16(土)

山本 頼子 個展 《きっと好きになるでしょう》 GALLERY COOCAにて開催 ■2018.6.5(火)-6.16(土)10:30~15:30 ■会期中の平日+16(土)オープン 近況: 2014年 studioCOOCA でございます!/伊藤忠青山アートスクエア出展 2015年 アートフェアー東京 出展 2016年 studio COOCAのパッパラパラダイス!/アツコバルー 出展 山本 頼子 1975年生まれ。化粧品や花を中心にペンでインクを染みこませるのを楽しみながら葉脈のように線で区切って塗っていくスタイルが独特。描きあがった作品はどれも優しい雰囲気で作者をあらわしている様。作家生活は25年とベテランでスターバックスコーヒージャパンの店内装飾や、生地メーカーKOKKAの生地デザインに作品が採用されるなど採用歴多数。個性的な文字が可愛くならぶ作品や、たくさんのアートグッズを見たら、だれもがきっと好きになるでしょう。

2018.5.19(土)新作2本立て!人形劇団ふもっふっ上演会★

5月の土曜日オープン日は、クーカの人形劇団ふもっふっの人形劇を上演! 演目は去年の夏に完成した新作「うさぎとかめ」と「さるとかに」です。今回ももちろんテキトー版だよ! 2作同時に見れるこのチャンスをお見逃しなく! 【演目】 <さるとかに> 子ガニがゆる~く冒険、しかし意外な結末が!! <うさぎとかめ> しょうもないウサギとカメのしょうもない日々を描いたハートフルショートストーリー 【日時】 2018.5.19(土) 14:00~ 【場所】GALLERYCOOCA 【参加費】 ¥1,500(ワンドリンク付) 【ご予約・お問合せ】 予約不要ですが、席数の都合上、大人数で来られる方は念のためご連絡ください。 ⇒GALLERYCOOCA 0463-67-7520

大庭 航介 個展 《フェニックス-オレ様の部屋-》2018.5.15(火)-6.1(金)

大庭 航介 個展 「フェニックス-オレ様の部屋-」 GALLERY COOCAにて開催 ■2018.5.15(火)-6.1(金)10:30~15:30 ■会期中の平日+19(土)オープン 大庭 航介(おおば こうすけ) studio COOCA所属作家。細密なタッチで描かれるモノクロの画面は、大胆でありながらストイックな存在感で迫ってくる。一点を完成させるのに2~3ヶ月を費やし、ボールペン数本を使い果たして完成させるという集中力の持ち主。強面で尖った印象もある大庭だが実はファンタジー作品を描く横溝さやかのファンでもある。根は優しいお兄ちゃん。

Category
Recent Posts
Archive
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Instagram Social Icon

スタジオクーカは様々なハンディキャップを持った人が、その人の好きなこと・得意なことで活躍する、仕事を得ることを目的に活動する福祉施設です。

絵画・創作・オリジナルグッズ製造・展示販売やパフォーマンス活動を行っています。

Studio COOCA is a social welfare organization that offers support and services to people with disabilities.

We aim to support them by promoting creative art-making activities where they can use their talents.We help them with what they are good at so they may then earn a living from their works.

OUTSIDER,BRUT,INTUITIVE,VISIONARY,アート,障害者アート,JAPANESE OUTSIDERART,Art Brut,

© 2014 studio COOCA